転職を成功させる方法

ナース フレーム 笑顔

(転職するときの注意点)

「本当は転職なんかしないで1つの職場で働いていたい」

「でもね」

どの看護師に聞いてもだいたいこんな答えが返ってきます。それだけ看護師への業務負担が重くなっているということでしょう。まあ、中には「どう考えても早く辞めた方がいいかも」という病院もあることも事実です。が・・・、 いずれにしても、あなたが退職することを決心した場合、再就職に向けてどのように考え、行動したらよいのでしょう。

(求職活動の方法)
求職活動の方法としては、おおむね下記5つの方法があります。 ①看護師の友達やすでに退職した仲間からの人づて紹介に頼る ②ハローワーク(職安)を利用する ③求人広告(とらばーゆや折り込み広告)を見て自分で探す ④都道府県の看護協会などに斡旋してもらう ⑤紹介会社に登録して探してもらう ほとんどの人が①~⑤のどれかによって再就職していると思いますが、最近特に多いのが⑤です。下記、それぞれのメリットとデメリットをまとめましたので参考にしてください。

転職する時のメリットデメリット

(どの方法にもメリット・デメリットがある)

どの方法を選択するとしても、それぞれにメリット・デメリットがあります。最終的には自分の性格や好みに合った方法を選ぶことが大切ですが、あれもこれも併用していくやり方はおおすすめできません。どれもこれも中途半端になってしまう可能性があるからです。できれば1つの方法に絞り、それがだめならまた別の方法を考える。というやり方の方が、結果的には良い転職につながります。

(私のおすすめ方法)
私は現在看護師を採用する側の人間ですが、友達や知り合いの紹介で入職してくる方法が最も離職率が低く、かつトラブルがほとんどないのを実感しています。なぜなら、現に友達や知り合いが勤めているのですから、「給与や手当のこと」、「公休や有休休暇の取得状況」、「病院全体の雰囲気や職場の人間関係」、「看護部長や師長などの情報」、ありとあらゆることをすべて聞いた上で入職してくるからです。入職してから病院の情勢が大幅に変わった、などの大きな変化がない限りあまり退職しません。紹介する方も、自分が勤めていて問題がある病院ならば薦められませんから、一番安心して転職できるのではないでしょうか。

次におすすめするのが紹介会社を利用する方法です。何と言っても、病院側も看護師側も事前にすべて確認することができるからです。一般的に紹介会社を利用する場合、病院は高い費用をかけるので看護師側のみが有利と思いがちですが、採用する病院側にとっても、普段聞きづらいこと(過去の病気のことや転職が激しい理由など)をしっかり聞いた上で判断できるというメリットがあるのです。

雇用条件などに関しても事前にしっかりと確認が取れますので、入職後「言った言わない」のトラブルはほとんどありません。ただ、近年は紹介会社が乱立していますので、中には悪質な会社も存在します。入職したらお祝金を払う、という触れ込みで多くの看護師を紹介し、病院からは手数料を取っておきながら看護師に支払わないケースなどよく耳にします。紹介会社を利用する場合はどの業者を選ぶかがとても大切です。

 

  転職の実態についての記事一覧
サブコンテンツ

このページの先頭へ