新人看護職員研修-到達目標(看護技術について)

(新人看護職員研修―到達目標について)

到達目標に関しては、「看護職員としての基本的な姿勢」、「看護の技術的な側面」、「医療安全などの管理的な側面」の3要素から構成されています。

基本的な姿勢は16項目、技術的な側面は69項目、管理的な側面は18項目となっています。中でも技術面が69項目と突出して多くなっています。やはり御術的なスキルは看護師の基本となっているからでしょう。

★ここでは、「看護の技術的な側面」の到達目標について考えます。

メッセージボードを持った女性

(看護技術についての到達目標)

なお、到達の目安としては
①知識としてわかる
②演算でできる
③指導の下でできる
④できる
の指標によりチェックしていきます。

●環境調整技術
①温度、湿度、換気、採光、臭気、騒音、病室整備の療養生活環境調整 (例:臥床患者、手術後の患者等の療養生活環境調整)
②ベッドメーキング (例:臥床患者のベッドメーキング) 
●食事援助技術
①食生活支援 
②食事介助 (例:臥床患者、嚥下障害のある患者の食事介助) 
③経管栄養法 

●排泄援助技術
①自然排尿・排便援助(尿器・便器介助、可能な限りおむつを用いない援助を含む。) 
②浣腸 
③膀胱内留置カテーテルの挿入と管理 
④摘便 
⑤導尿 

●活動・休息援助技術
①歩行介助・移動の介助・移送 
②体位変換(例:①及び②について、手術後、麻痺等で活動に制限のある患者等への実施) 
③関節可動域訓練・廃用性症候群予防 
④入眠・睡眠への援助 
⑤体動、移動に注意が必要な患者への援助 (例:不穏、不動、情緒不安定、意識レベル低下、鎮静中、乳幼児、高齢者等への援助) 

●清潔・衣生活援助技術
①清拭 
②洗髪 
③口腔ケア 
④入浴介助 
⑤部分浴・陰部ケア・おむつ交換 
⑥寝衣交換等の衣生活支援、整容 

●呼吸・循環を整える技術
①酸素吸入療法 
②吸引(気管内、口腔内、鼻腔内) 
③ネブライザーの実施 
④体温調整
⑤体位ドレナージ
⑥人工呼吸器の管理

●創傷管理技術
①創傷処置 
②褥瘡の予防 
③包帯法 

●与薬の技術
①経口薬の与薬、外用薬の与薬、直腸内与薬 
②皮下注射、筋肉内注射、皮内注射
③静脈内注射、点滴静脈内注射 
④中心静脈内注射の準備・介助・管理 
⑤輸液ポンプの準備と管理 
⑥輸血の準備、輸血中と輸血後の観察 
⑦抗生物質の用法と副作用の観察 
⑧インシュリン製剤の種類・用法・副作用の観察 
⑨麻薬の主作用・副作用の観察
⑩薬剤等の管理(毒薬・劇薬・麻薬、血液製剤を含む) 

●救命救急処置技術
①意識レベルの把握 
②気道確保 
③人工呼吸 
④閉鎖式心臓マッサージ 
⑤気管挿管の準備と介助 
⑥止血
⑦チームメンバーへの応援要請 

●症状・生体機能管理技術
①バイタルサイン(呼吸・脈拍・体温・血圧)の観察と解釈 
②身体計測 
③静脈血採血と検体の取扱い
④動脈血採血の準備と検体の取り扱い 
⑤採尿・尿検査の方法と検体の取り扱い 
⑥血糖値測定と検体の取扱い 
⑦心電図モニター・12誘導心電図の装着、管理 
⑧パルスオキシメーターによる測定 

●苦痛の緩和・安楽確保の技術
①安楽な体位の保持 
②罨法等身体安楽促進ケア 
③リラクゼーション
④精神的安寧を保つための看護ケア 

●感染予防技術
①スタンダードプリコーション(標準予防策)の実施
②必要な防護用具(手袋、ゴーグル、ガウン等)の選択 
③無菌操作の実施 
④医療廃棄物規定に沿った適切な取扱い 
⑤針刺し事故防止対策の実施と針刺し事故後の対応 
⑥洗浄・消毒・滅菌の適切な選択

●安全確保の技術
①誤薬防止の手順に沿った与薬
②患者誤認防止策の実施 
③転倒転落防止策の実施 
④薬剤・放射線暴露防止策の実施 

(新人看護職員研修に関連する書籍)

★ガイドラインを活用した研修の実際について書かれています。

⇒ 新人看護職員研修の手引き―ガイドラインを活用した研修の実際

★研修の実践例と研修のポイントをナビゲートしています。

⇒ 新人看護職員研修ナビゲート―問題状況30場面を解決する実践例と研修のポイント

★新人看護師を指導する看護師さんにも役立ちます。

⇒ 新人看護師のための臨床看護技術チェックポイント

 

  新人看護師研修に関する記事一覧
サブコンテンツ

このページの先頭へ