「2014年(平成26年)診療報酬改定情報!」の記事一覧

地域包括ケア病棟入院料(その後の動向)

●地域包括ケア病棟入院料のその後の動向 (基本点数等) 地域包括ケア病棟入院料(入院医療管理料)1   2,558点(60日まで) 地域包括ケア病棟入院料(入院医療管理料)2  2,058点(60日まで) 看護職員配置加・・・

看護必要度の評価時刻24時に関する疑義解釈

★看護必要度の評価時刻が24時に変わったことについての議論★ 前回の看護必要度では、評価時間に関しては0時~24時の間に行えばよかったはずですが、何を間違ったか今回の改訂に合わせて評価時間も変更されて大騒ぎになっていまし・・・

重症度、医療・看護必要度のその後

★看護必要度のその後★ 平成26年4月の診療報酬改定で7対1入院基本料を中心にかなり大幅な(厳しい)見直しがありました。その一環として看護必要度も見直しがされました。 (施設基準の届出に関して) 旧基準での暫定期間が9月・・・

2014年(平成26年)診療報酬改定情報⑨(夜勤72時間要件について)

●平成26年度診療報酬改定情報⑨(夜勤72時間要件について) 月平均夜勤時間72時間要件については、7対1と10対1にあった20%減算の特別入院基本料の取り扱いが、他の入院基本料に拡大されることになりましたが、通則は現行・・・

2014年(平成26年)診療報酬改定情報⑧(回復期リハビリテーション病棟入院料について)

●平成26年度診療報酬改定情報⑧(回復期リハビリテーション病棟入院料について) 在宅とリハビリ関係は力を入れてUPしてくることが考えられましたが、回復期リハビリテーションに関しては入院料1のみ評価が見直された形となりまし・・・

2014年(平成26年)診療報酬改定情報⑦(療養病棟入院基本料について)

●平成26年度診療報酬改定情報⑦(療養病棟入院基本料について) 在宅復帰強化型療養病棟入院基本料の新設などが取りざたされていましたが、結局は加算にて決着がついたようです。その他の項目は入院基本料1、2とも大きな変更はなさ・・・

2014年(平成26年)診療報酬改定情報⑥(7:1入院基本料について)

●平成26年度診療報酬改定情報⑥(7:1入院基本料について) 平均在院日数の本体短縮18日→17日か16日、特定除外患者の平均在院日数カウント化、短期手術や検査入院のカウント除外など、厳しい改定が取りざたされていましたが・・・

2014年(平成26年)診療報酬改定情報⑤(看護必要度について)

●平成26年度診療報酬改定情報⑤(看護必要度について) 今回の改定では看護必要度も見直しをされました。 名称そのものも「一般病棟の重症度、医療・看護必要度」と変更されました。 特に大きなポイントは、A項目2の血圧測定、3・・・

2014年(平成26年)診療報酬改定情報④(亜急性期入院医療管理料は廃止し、新たな評価を新設)

●平成26年度診療報酬改定情報④(亜急性期入院医療管理料は廃止し、新たな評価を新設) 9月30日までで亜急性期入院医療管理料は廃止となります。 平成26年7月25日に追記した地域包括ケア病棟のその後の動向を参考にしてくだ・・・

2014年(平成26年)診療報酬改定情報③(亜急性期医療はどうなる?)

●平成26年度診療報酬改定情報③(亜急性期医療はどうなる?) 今回の改定で亜急性期入院医療はどうなるのでしょう。 厚生労働省はポストアキュートとして「亜急性期病床」を充実させようとしています。厚労省のイメージでは、7対1・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ