特別養護老人ホーム「フラワーヒル」の元介護士に懲役8年の判決(埼玉県)

★特別養護老人ホーム「フラワーヒル」の元介護士に懲役8年の判決(埼玉県)

理由は、「褒められたい」ため。

あまりにも身勝手な事件としかいいようがありません。

Bewegung im Altersheim

(参考記事 ANNニュース)

4年前、埼玉県春日部市の特別養護老人ホームで95歳の入所者に暴行を加え死亡させたとして、傷害致死の罪に問われている介護福祉士の男の裁判の判決で、さいたま地方裁判所は「本来、被害者を守る立場にある介護士による犯行で、強い非難に値する」として、懲役8年を言い渡しました。

埼玉県松伏町の介護福祉士、大吉崇紘被告(30)は、平成22年、春日部市の特別養護老人ホームで入所者の95歳の女性に暴行を加えて死亡させたとして傷害致死の罪に問われました。

28日の判決で、さいたま地方裁判所の河本雅也裁判長は「事件の前、入居者の容体の異変にいち早く気がついて褒められた経験があり、職場での自分の評価を上げるため、異変の発見者となろうと無抵抗の被害者に一方的な暴力を加えた。

本来、介護士として被害者を守る立場にありながら動機は身勝手で強い非難に値する」と指摘し、懲役10年の求刑に対して懲役8年を言い渡しました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ