増える外国人看護師-評判上々

★増える外国人看護師-評判は上場

私の病院でも外国人看護師が数名います。外国人看護助手に至っては15名近くになりました。ほとんどの方がフィリピンから日本に来た方ですが、とても評判がいいです。

看護士

最初こそ言葉の問題で、患者さんだけでなく職員からも不安の声があがりましたが、実際に看護やケアーをしてみると、日本の職員よりも優しい?なんていうウワサすらでているくらいです。

私たち日本のスタッフも、負けないように頑張っていくうちに病院全体の接遇レベルも上がってきたような気がします。

少子高齢化が進む今、これからも多くの外国人スタッフに頼らなければいけない現状があります。どんどん交流が深まり、本当の意味での国際化が進むことを願っています。

(参考記事 日本経済新聞)

「ご気分はどうですか。何か困ったことはありませんか」。袖ケ浦さつき台病院(千葉県袖ケ浦市)の外科病棟で、流ちょうな日本語で患者に声をかけるのはベトナム人看護師のファム・ティ・ミンフーさん(34)だ。6月下旬から入院している佐久間義子さん(86)は「検査で不安なときも優しく付き添ってくれる。日本人よりも優しいくらい」と厚い信頼を寄せる。

ミンフーさんはベトナム北部ハイフォン市の出身。ハノイ市で2年間の日本語研修を受けた後、2000年に来日。秋田市の看護学校で学び看護師資格を取得した。秋田市内の病院勤務を経て08年春から袖ケ浦さつき台病院で働く。

文化や習慣の違いもある。思ったことをはっきり口にするベトナム人と違い、日本人は体調が悪くても話さないことがある。ミンフーさんはベトナムの風習や歴史を話して患者と親しくなるよう努める。「信頼関係を作ることが患者のケアにはとても重要だ」と話す。

袖ケ浦さつき台病院の竹内美佐子看護部長は「言葉などの不安から、日本人に世話をしてもらいたいという患者は多いが、実際にケアを受けると大抵の人が丁寧な仕事ぶりに満足してくれる」。

同病院では系列の社会福祉法人を含め、ベトナム人やフィリピン人など計13人の外国人が看護師や介護士として働く。外国人受け入れ支援の民間団体AHPネットワークス(東京・港)やEPAを通じて受け入れている。8月にはベトナムからEPAで初めて看護師や介護士の候補3人を受け入れる予定だ。

給与体系は日本人と同じ。「受け入れ前の看護学校の授業料や日本語習得にかかる負担などを考えるとコストはかさむ」が、「少子高齢化による将来的な医療従事者不足を考えると、外国人の受け入れを進めなければならなかった」という。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ