新設された敦賀市立看護大の合格者54人、一般入試の競争倍率は13.5倍(福井県)

★新設された敦賀市立看護大の合格者54人、一般入試の競争倍率は13.5倍(福井県)

●看護大学が新設されたことも非常に嬉しいニュースでしたが、4月よりスタートすることができ嬉しさ倍増です。試験の競争倍率は13.5倍とのことですから、看護師になりたい人がとても多い証拠ですね。

推薦入学で15名、社会人入試で2名合格しているそうですが、今後は社会人入試枠をどんどん増やして欲しいと願っています。

many books

合格したみなさま、ほんとうにおめでとうございます。

これから勉強頑張ってください。

心よりお祝い申し上げます!

(参考記事 福井新聞ONLINE

福井県敦賀市は16日、4月開学する市立看護大の一般入試で54人が合格したと発表した。

看護学部看護学科(募集35人)に全国から1005人の出願があり、8日に敦賀市と名古屋市の計3カ所で、20・8倍に当たる728人が受験した。合格54人に対する実質倍率は13・5倍となった。入学手続きの期間は18~24日。

これまでに推薦入試で15人、社会人入試では2人が合格しており、計17人全員が入学手続きを取っている。

入学式は4月4日午前10時から、敦賀市木崎の同大で行われる。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ