チャクラ瞑想で健康を取り戻す

(チャクラ瞑想を体験してます)

病院に勤めていると精神的ストレスが多くなります。

私は小さいころから身体が弱く、神経性の胃痛や便秘・下痢に悩まされてきました。最近は慢性的な首こり、肩こり、もひどい状態です。

その日の体調は朝起きた瞬間に決まってしまうので、寝起きが悪いときは1日中身体がだるくて仕方がありません。途中で帰りたくなることもよくありました。

チャクラ

そんな私でしたが、ある人から「チャクラ瞑想」というものを教わり、1年前から実践することにしたのです。

その結果

神経性の胃痛や便秘と下痢の繰り返し、慢性的な首コリ、肩こりなども少しづつ改善されてきました。

とても面白い健康法ですのでご紹介させていただきます。

このチャクラ瞑想は「チャクラディアーナ」というCDを聞きながら行うものです。第1チャクラから第7チャクラまでCDの誘導にしたがい進んでいきます。

バックに心地よい音楽とヒンズー語(?)のお経のようなもの流れていて、とても気持ちがいいのです。あまりの気持ちよさに、寝る前に瞑想をするときはいつも寝てしまうほどです。不眠に悩まされている人などにもオススメだと思います)

全部で46分くらいのCDですが、第1~第7チャクラまでの瞑想が約30分で、残りの16分は横になってリラックスしながら小鳥のさえずりなど大自然の音を聞くという構成になっています。

(さらなる効果がありました)

現在の私は身体的な変化だけでなく心の変化も加速しています。

瞑想を毎日実践して4ヶ月くらい経過したころからチャクラがわかるようになり、9ヶ月を過ぎたあたりから「すべてとのつながり」みたいなものを感じるようになりました。言葉で説明するのは難しいのですが、あえていうなら「大いなる存在」とつながる感じでしょうか。

ヨガ・女性

「大いなる存在」とは、ある人は神と言い、ある人は宇宙と言い、ある人はデバインと呼んでいる「存在」のことです。

どんなに言葉巧みに表現しようとしてもその感覚を伝えることはできませんが、現在の私は仕事や人間関係だけでなく、すべてのことが順調になっています。

あくまでもこの体験は私自身におきたことですが、一般的にはチャクラが開くと「身体的・精神的な健康はもとより、神秘的な能力が開花してくる」と言われているのです。

実践することによる害はないと思いますので、興味のある方はぜひとも体験してみてください。

(チャクラや瞑想に関して詳細な情報を知りたい方は下記サイトを参照してください)

 不思議大好き!(別のサイトです)

★チャクラ瞑想CDはアマゾンで購入することができます。

 Chakra Dhyana

(チャクラ瞑想で使われているビージャマントラ)
第1チャクラ ムラダーラ ⇒ Lang(ラン)
第2チャクラ スワディシュターナ ⇒ Vang(バン)
第3チャクラ マニプーラ ⇒ Rang(ラン)
第4チャクラ アナハタ ⇒ Yang(ヤン)
第5チャクラ ヴィシュッダ ⇒ Hang(ハン)
第6チャクラ アジナ ⇒ Aum(オーム)
第7チャクラ サハスラーラ ⇒ Ogun Sathyan Aum(オーグン サッティヤン オーム)

★CDの中で話すナレーションは英語なので、下記に簡単な意味を記載しておきます。

(始めのナレーション部分)
このチャクラディアーナは5千年も昔からインドの求道者に知られてきた訓練法です。
それぞれのチャクラ(エネルギーセンター)に意識を集中して瞑想します。

chakra meditazione

瞑想によりチャクラが活性化されると、意識の様々な扉が開き存在の神聖なる状態になれるのです。
チャクラディアーナを効果的に行うためには、背筋を伸ばして、楽な態勢で座ります。座り方はシッダアサナ、バジラアサナ、スカアサナのどれでもかまいません。(背筋を伸ばしていればどんな座り方でもかまわないということです)

人差し指を親指につけ、手のひらを上に向けた状態で腿の上に置きます。目をつぶって、深呼吸をして身体の力を完全に抜きましょう。

間もなくチャンティングが始まります。チャクラの名前(第1チャクラのビージャマントラ⇒ムラダーラから始まります)が唱えられるのを聞いたら、そのチャクラをイメージし、チャクラが位置する部位に意識を集中させましょう。

ビージャマントラ(下記参照)が聞こえたら心の中で一緒に唱えるか、チャクラに意識を集中させましょう。
「クンダリニーアロハナン」と唱えるのが聞こえたら、輝く金色の液体がチャクラ包み込み、チャクラに満ち溢れ、チャクラそのものも金色に輝いていくところをイメージしてください。

なお、このチャクラディアーナは、横になった状態では行わないでください。

(第1チャクラ⇒第7チャクラまで終了した時のナレーション部分)
それでは、ゆっくりとシャバアサナ(仰向けになった状態)の姿勢になりましょう。
左右の腕の力を抜いて、身体(胴体)の横に置いて、目を閉じて、自然に呼吸をしましょう。

(チャクラに関連した書籍)

★チャクラのことをよく知らない方は、瞑想を始めるまえに多少の知識を得る必要があります。私が初心者におすすめするのは「はじめてチャクラの本」というものです。この本はマンガやイラストをたくさん使用しており、チャクラの基本的な説明からその活用方法まで幅広く説明されています。初心者がチャクラ全体のイメージをつかむのには最適な本です。

 はじめてチャクラの本 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ